夏のお肌がカッサカサでテッカテカ……なら、「インナードライ肌」対策をはじめよう

夏のお肌がカッサカサでテッカテカ……なら、「インナードライ肌」対策をはじめよう

お肌のかさつきとベタつきが同時進行している方、いらっしゃいませんか?
もしかしたら、お肌が「インナードライ」化しているかもしれません。

さっそく、夏に起こりがちなお肌のインナードライ化対策を解説します。

「インナードライ肌」とは?

インナードライ肌は、肌表面は皮脂でべたついているのに対し、内部が乾燥しきっている肌状態を指します。

夏になったら肌のベタつきをより多く感じがちですが、実は肌内部の乾燥を補うために皮脂が過剰分泌されていることも。

  • 汗拭きシートやあぶらとり紙を1日に何度も使う
  • お肌の一部はしっとりしてるのに乾燥を感じる
  • 夏は乳液やクリームを使わない
  • 夏はずっとエアコンがきいた部屋にいる
  • メイクのりが悪い
  • ちゃんとスキンケアしてるのに、毛穴やかさつきが目立つ
  • という方に、特にお肌のインナードライ化が見られやすいといわれています。

    肌表面のベタつきから肌が脂性肌化していると勘違いしがちなので注意が必要ですね。

    インナードライ肌の最大の原因は「紫外線」と「冷房」

    インナードライ肌の原因には、摩擦や洗い過ぎなどがありますが、夏にインナードライ肌になりやすい最大の原因は、夏に急増する「紫外線」量と冷房。

    夏に一番きつくなる紫外線により、お肌を守る「バリア機能」が低下し、乾燥やくすみなどを引き起こしやすくなります。

    また、冷房により外気温と室内温度の大きなギャップや冷風による乾燥は、お肌に大きな影響を与えることも。

    これらの2大原因により、お肌がどんどん乾燥してしまい、乾燥を補うための皮脂が過剰分泌されてしまうのです。

    インナードライ肌の予防と対策

    テカりやすくなる、つっぱる、メイクのノリを悪化させるなど悪影響ばかりのインナードライ肌はどうすれば予防・対策ができるのでしょうか?

    お部屋の乾燥対策をする

    エアコンによってお部屋が乾燥するなら、加湿器を置いたり、エアコンの風量を調節するなど、お部屋の湿度に気を配ってみましょう。

    徹底保湿+週1回のスペシャルケアを

    夏、ついつい保湿ケアをスキップしてしまいがちなら、必ず乳液やクリームなどでも保湿を行いましょう。

    週1回はフェイスマスクなどでスペシャル保湿ケアをするのも良いですね。

    紫外線対策は絶対!

    塗り直しをついつい怠ってしまいがちな日焼け止めですが、数時間おきに必ず塗り直すよう心がけましょう。

    特に夏場はベースメイクなども落ちやすくなってしまうため、メイク直しもこまめに行うのも大事ですね。

    カフェイン入りドリンクの摂取はひかえめに

    コーヒーや緑茶などのカフェイン入りドリンクは利尿作用があり、飲みすぎると体内の水分を余計に排出し過ぎることも。

    体内の水分不足で乾燥肌が悪化することもあるため、飲みすぎには注意しましょう。

    おすすめは、はと麦茶や黒豆茶などのノンカフェインドリンク。
    一気に飲まず、少しずつ飲むことで水分・栄養補給がよりスムーズになりますよ。

    美容・生活面から肌質を改善しよう

    夏によく見られるインナードライ肌の主な原因・対策方法をご紹介しました。
    お肌が乾燥している、と思ったら、普段のスキンケア方法や生活を見直してみてくださいね。

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください