色味少なめでもきれい!「カラーレスメイク」で大人フェイスに

色味少なめでもきれい!「カラーレスメイク」で大人フェイスに

足し算メイクも良いけれど、近年のトレンドは「引き算メイク」。

今年人気の「カラーレスメイク」、もうトライしてみましたか?

まだの方向けに、ここからは、シンプルながら実はいろいろなコツと魅力が詰まったカラーレスメイクのコツをご紹介します♪

カラーレスメイクとは?

カラーレスメイクは、ヌードカラーを中心としたカラーのみを使ったメイク。

ブラウンやベージュなどのヌーディーカラーを使ったメイクは、ナチュラルで大人っぽいと人気。

可愛いメイクも良いけど、美人度も上げたい!という方や、ナチュラルメイクを極めたい方にもおすすめのメイクですよ。

カラーレスメイクの簡単なコツ

続いて、ここからはカラーレスメイクを楽しむ際におさえておきたい、簡単なコツをご紹介します♪

ベースはナチュラルに

カラーレスメイクにおいて重要なのは、ベースメイク。

ベースは厚塗りにしないのがポイントです。

ベースはCCクリームだけにする、気になるところをコンシーラーでカバーする…など、なるべく薄めのめくを目指しましょう。

アイブロウ・アイラインは濃いめに

カラーレスメイクは色味が少ないメイク。

大人っぽくナチュラルに見えるのは素敵ですが、その分顔全体の印象がぼやけがちになってしまうことも。

そこでぜひ重点を置いておきたいのが、「アイブロウ」と「アイライン」。

全体のカラーが少ない分、アイブロウはいつもよりもしっかり目に描いておくと◎。

普段選ぶカラーよりも濃いめの色を選んでおくのも良いですね。

濃い眉は避けたい方は、眉尻だけでも描き足しておくとgood!

アイラインもアイブロウと同様に、できるだけしっかりと引いておくとバランスが取れます。

アイシャドウはブラウン系orベージュ系がおすすめ

カラーレスメイクは素肌に近いメイク。

そのため、アイシャドウもなるべくベージュやブラウンを中心にしたカラーリングをチョイスしておくのがおすすめ。

トーンは明るめかつ薄めのものを選んでおくと失敗しにくいですよ。

血色感を出したい場合は、ピンクブラウンなど、赤みがあるカラーを選ぶのもアリ!

チーク・リップはブラウンやピンク系、くすんだトーンに

チーク・リップは両方とも同じトーンを意識しておくと良いでしょう。

おすすめは、淡いベージュ系やピンクブラウン。

これで顔に血色感だけでなく陰影も出すことができます。

ツヤ感は抑えめ、マットなものを選ぶとさらに大人っぽい印象に。

ドライすぎる場合は、グロスを使って唇に抜け感を出すのもgood!

カラーレスメイクで旬顔メイクを楽しもう♪

今回は、カラーレスメイクのコツをご紹介してきました。

全体を同じ色味で統一するカラーレスメイクは、大人っぽく見えるだけでなく、ナチュラルでこなれ感も演出できるメイク。

カラーレスメイクで、旬のメイクを楽しんでみてくださいね♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)