【女性の防災ポーチ】サイズ別|減災グッズのチェックリスト

防災ポーチ

外出しているときに災害が発生したらどうしますか?少しの間でも減災できるように備えておくことで、不安を軽くすることができます。

今回は、普段使いのバッグの中に常備したい女性用の「防災ポーチ」を特集!

防災ポーチの中身「チェックリスト」

防災グッズ

日頃から防災ポーチをバッグにいれておくことで、防災に対する高い意識と安心感が得られます。

以下は、「阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター( http://www.dri.ne.jp/ )」による「減災チェックリスト」を参考に、女性向けに防災ポーチの中身をまとめました。

【防災ポーチの中身に応用!減災グッズ】

>ペットボトル(500㎖)

食品>あめ・ガム・栄養補助食品

貴重品>現金(小銭)・メガネ・コンタクトレンズ・保険証

女性>生理用品・防犯ブザー・ヘアブラシ・ヘアゴム・化粧品など

装備>ペンライト・ホイッスル・サバイバルシート

防寒>使い捨てカイロ・アルミ温熱シート

情報>携帯電話(充電器)・身分証明書のコピー・メモ帳・筆記用具

救急>止血パッド・絆創膏・持病薬・常備薬

衛生>ハンカチ・簡易トイレ・マスク・ティッシュ・ウェットティッシュ・歯磨きセット

凡用>手ぬぐい・コンパクトタオル(圧縮)・安全ピン・ポリ袋・ライター

防災ポーチ|水と食品

防災

チェックリストを見ると、減災グッズだけで大きな荷物になりそうに思えますが、サイズが小さいものが多いです。

自分にとっての必要最低限分を見極めて小分けすることで、個人専用の防災ポーチをひとつ作ることができます。

まず必要なのは、ペットボトルの水(500㎖)とキャンディやガム、栄養補助食品など日持ちのする食品です。

小さなお菓子はジッパーバッグにいれて小分けできます。水は、ポーチに入らないので別にしてバッグに入れておきましょう。

防災ポーチ|女性用の減災グッズ

防災グッズ

女性の場合、環境の変化によるショックで、出血をおこすことや生理になってしまうことも。生理用品は使い慣れたものを準備しておきます。

【防災ポーチの中身/女性用品】

  • 生理用品(使い慣れたもの)
  • 防犯ブザー(ライトつきのタイプも)
  • 使い捨てショーツ
  • 手ぬぐい(首もとの防寒、包帯代わりなど、多用途に使える)
  • ソックス(ファッションによって素足の場合があるため)

100均で買った場合に・・・

防災ポーチ

100均には、ちょうど良いサイズ感のアイテムが多いので防災ポーチを作るときに重宝します。

✔ LEDスリムライトやLEDライトつきの防犯ブザーなど電化製品については、100均で用意する場合、1度使ってみて作動可能かチェックをしてから、新しい電池に交換しておくことをおすすめします。

防災ポーチ|小さめサイズ

防災

一般的なメイクポーチのサイズに近い縦約11㎝×横約15㎝×マチ約5㎝の大きさのビニール製ポーチには、中身を制限すれば防災ポーチを作ることができます。

簡易的ですが、ビニールポーチで防水効果を狙います。

✔ 小さめポーチに入った減災グッズ

地震対策

小さめ防災ポーチの中身として、

  1. 小銭入れ
  2. ライトつき防犯ブザー
  3. 携帯用ミニトイレ
  4. キャンディなど
  5. 常備薬(カットバン含む)
  6. コンタクトレンズ用品
  7. ウェットティッシュ、ティッシュ
  8. ヘアゴム
  9. 生理用品
  10. 使い捨てショーツ(2個)
  11. マスク

以上の、11種類を入れることができました。これ以外にも、ビニール袋や小型の携帯電話用充電器であれば工夫すると入りそうです。

防災ポーチ|大きめサイズ

災害対策

旅行バッグ用の洗面ポーチくらいの大きさのビニールポーチです。

サイズは、縦約16cm×横約2cm×マチ約4cm。

✔ 大きめポーチに入った減災グッズ

大きめ防災ポーチの中身は、

 

  1. 小銭入れ
  2. ライトつき防犯ブザー
  3. 携帯用ミニトイレ
  4. キャンディなど
  5. 常備薬(カットバン含む)
  6. コンタクトレンズ用品
  7. ウェットティッシュ、ティッシュ
  8. ヘアゴム
  9. 生理用品
  10. 使い捨てショーツ(2個)
  11. マスク
  12. アルコール消毒綿(個装)
  13. 止血パッド
  14. 歯ブラシ
  15. メイク落としシート
  16. ソックス
  17. 手ぬぐい
  18. 簡易アルミ保温ポンチョ

 

中身は以上の18種類です。防災ポーチがパンパンになりますが、安心度も高くなりました。

圧縮して中身を小さくする

ジッパーバッグに小分けしたものは、なるべく中の空気を抜いて圧縮することで防災ポーチの中身がかさばらないようにできます!

防災ポーチを作って意識を高めよう!

災害グッズ

身軽にしたいときは、普段使いのメイクポーチに必要最低限の減災グッズをプラスして、使ったら補充するようにしても良いでしょう。

外出の際は、可能であれば走りやすいシューズを選びます。

何事もないのが一番ですが、携帯電話や携帯用充電器、水ペットボトル(500ml)も防災ポーチと一緒に携帯して、日頃から防災・減災への意識を高めておきましょう!

*【NON-SPONSORED】この記事はSrokuオリジナルです

*掲載の減災グッズチェックリストについて「阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター( http://www.dri.ne.jp/ )」様の「減災チェックリスト」を参考に作成しています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)